FC2ブログ

「tupera tupera」さんのトークライブ

ゴリゴリゴリラ


先月のことになりますが、金町中央図書館で
あの、大人気ユニット「tupera tupera」の、
亀山さんのトークライブがありました。

作家ご自身が、自作を読まれるのを聞くのは、
とても面白かったです。
間が絶妙だなあと思います。

写真はプログラムの中の「ゴリゴリゴリラをつくろう」という、
工作コーナーで、作ったものです。
ペットボトルのキャップで、
本体をゴリゴリしながら演奏するのです。
親子で楽しめる、すごいアイデアですよね。
みんな夢中になってゴリラを作ってました。

十人十色。作った人の数だけ、いろんなゴリラが出来て、
面白いし、感動でした。

最後に「しろくまのパンツ」にサインして頂きましたが、
なにか、話しかけようと思われている、気持ちが伝わって来て、
うれしくなりました。

とても楽しい、
素敵な時間をありがとうございました。


スポンサーサイト

紙芝居の演じ方講座

先日、以前、一度伺った講座に、
また参加しました。

3月の、絵本の公開オーディションの時に、
初めて人前で絵本の読み聞かせをしたのですが、
あまりにもひどかったそうなので(笑)。
それと、うちに来てくれる友達の子供達や、
両親や親戚に、いつか披露したら、
喜んでくれるかなと思って。

先生のお手本を見ていたら、めくり、語りなど、
演じ手の素晴らしい技で、
紙芝居の世界にどんどん引き込まれて行きました。

そして、急にはっとしたのです。
あの、紙をめくりながらお話を語るということが、
素晴らしいエンターテイメントなんだあって。
シンプルなしかけなのに、
目の前の子供にも、大人にも、一人一人に語りかけ、
コミュニケーションすることができるもの。

上手に絵を描くとか、自分らしい表現をする、
とか、私のこだわりを超えて、
もっと世界が広がっていくような、
興奮を感じました。

物語だけではなくて、
伝えたいニュースや、なぞなぞ、
判じ絵など表現の種類もたくさん。

参加されている方の中には、
十何年も紙芝居の活動をしながらも、
学びに来られている方もいらっしゃいました。
お年寄り、認知症の方達にとても喜ばれるということで、
ああ、やはり…と思いました。

結局、また勇気を出せず、
皆さんの前で演じることができなかったけど、
演じたら、絶対違う感動があると思います。

次は頑張ろう。