FC2ブログ

ほっこり事件

先日のことです。
仕事の納品に追われまくる日々でした。
出先で、まさかの納品漏れに気づき、
家に戻って、データを送るために、
大慌てで、バスに乗り込みました。

今まで、こんなことは一度もなかったのに・・。
と、ぼーっと考え込んでいたら、
隣の席に、年配の女性が座りました。

そして、いきなり
「のど飴、食べます?」と、
飴を3つ差し出されたのです。

とっても驚きましたが、
自然に手を出してしまいました。
(もちろん初対面の他人です。)

その女性は風邪を引かれていたらしく、
1人で食べるのをためらわれたからでした。
(たぶん)。
思いがけない気遣いに、
さっきまで、落ち込んでいたはずなのに、
ちょっとうれしくなって、
(というか、面白くなって)
飴をなめながら、帰ったのでした。


(絵本づくりとは、全く関係ない出来事ですが、
ぜひ書きたかったので・・)
スポンサーサイト

無題

12月になりました。

年末が近づき、日常の作業に追われていて、
絵本を進められずにいます。
30分でもいいから、ラフを描こうと思っていましたが、
最近は5分でもいいから、ラフを広げるのが目標・・(汗)

絵本を借りようと、図書館に滑り込んでも、
児童書コーナーは18時に閉館で間に合わず。
でも、ふと、返却棚を見たら、
おすすめの絵本が置いてあり、
借りることができました。
とてもうれしかったです。

毎年のことながら、気ぜわしい季節。
これはきっと、「どんな状況でも、
ラフを描きなさい」という、
何かからの指令だなと、思うことにしました(苦笑)。
このミッションをクリアしたら・・・
進める。